ホップ、ステップ、アルバイト探し
ホーム > > ダンスで投票を呼び掛けた

ダンスで投票を呼び掛けた

参院選への関心を高めようと、広島市中心部にある繁華街の広場では13日、若者らが「フラッシュモブ」と呼ばれるダンスで投票を呼び掛けた。広島県選挙管理委員会が企画した。フラッシュモブとは公共の広場で一見バラバラな行動をしている人たちが、突然踊り始めるパフォーマンス。午後2時前、広場に現れた男性が音楽を流しながらダンス。遠巻きに見ていた男女が次々に加わり、最終的には小学生や30代を含めた150人が「GO!投票!」の歌詞に合わせてキレのいい動きを見せた。